副主将挨拶2

こんにちわ、今年度から副主将を務めさせていただきます三宅佑です。

昨年度はチームとして思うように結果が出ず、

後悔の残る一年となってしまいました。

自分としても試合に絡めない日々が続き苦悩した苦い一年でした。

そんな中、代が変わって自分たちが首脳学年となった今、監督と言える人もいなく、自分たちで運営していく辛さに直面しています。しかしながら、さらに昨年度よりもいい結果、勝つチームを目指して頑張っていきたいと思っています。

自分がなぜ副主将という立場になったかと言いますと、自分はAとBを繋ぐ架け橋みたいな存在になりたいと思ったからです。

当然チームである以上応援して応援される関係は変わりませんが、やはりBチームの中には出たいと思うが故になんで?と言った気持ちが前面に出てしまあ人がいます。自分もそうでした。

だからこそ、気持ちもすごくわかりますが、チームとしてはいい影響を与えないので、

その中間地点にうまく自分を置くことでお互いがお互いを理解し合って切磋琢磨できる環境を作っていきたいと思っております。

またまだ未熟であり、知ったようなことを書いてしまいましたが、

自分は本当に実現させたいと思っていますし、

最高の一年にしたいと思っております。

一年間よろしくお願いします。