最終節

 

秋リーグが始まり、一試合一試合懸命に戦い抜いてきましたが、残すは16日の最終節の松蔭大学戦のみとなってしまいました。

第四節の産業能率大学戦では、春リーグに1-2と惜しくも負けてしまい、リベンジマッチとしてチーム一丸となって臨みました。チームの雰囲気は良かったものの、前半に3失点を喫し、後半に一点を返すものの1-4で負けてしまい、雪辱を晴らすことができませんでした。

第五節の湘南工科大学戦は、前半に5点を奪うことができ、後半には出場機会の少なかった選手による得点も生まれ、チーム全体としていい雰囲気のまま、7-0で試合を終えることができました。多くの選手が公式戦の空気感を経験できた実のある一戦になったと思います。

先日行われた第六節の文教大学戦では、ゴール前まで運ばれるシーンが何度かありましたが、ベンチに入れなかったメンバーの応援を含め、チーム全体で集中して試合に臨めた甲斐あって、4-0で勝利することができました。

冒頭でも書きましたが、16日の松蔭大学戦を最後に秋リーグが終了します。産業能率大学グランド13時10分キックオフとなります。

最終節のなりますので、ぜひ足を運んでいただけると幸いです。

 

今後も横浜国立大学体育会サッカー部の応援を宜しくお願いします。