降雪サッカー

 

今回は二年の構(かまえ)が担当させていただきます。

 

ようやく試験期間から解放され春休みが訪れた矢先、先週末・今週末と関東地方では珍しい大雪に見舞われました。こう雪に積もるほど振られてしまうと、我々サッカー部員にとっては大変痛手です。グランドには膝したに達するほどの雪が積もりました。(僕自身関東南部の出身なのですが、関東南部にこれだけ積もったのは生まれて初めてです。グランドでスキーできんじゃねーかと思うほどでした。)なので今週はグランドを使用する他の部活と協力して雪かきを行いました(またすぐに積もってしまいましたが…)ほか、フィジカルトレーニングやボールを使わない練習が多くなりました。

しかし!「サッカー部」ですので勿論、ボールを使った練習も行いました。2/14の雪降り積もる中、国大のグランドではコンディションが厳しかったため、新横浜にある人工芝のグランドをお貸しさせてもらいました。練習前、積もる雪に浮かれる部員も少し見受けられましたが、練習開始後には皆しっかりとメニューに取り組んでいました。雪の積もった、滑りやすくボールの止まるコンディションであったながら、質の高い練習になったのではないかと思います。

 

来週水曜日からは鹿島遠征が控えている他、この春休み明けにはいよいよ県リーグが始まります。我々部員一同良い結果が残せるよう、このように日々精進しております。このブログをご覧になる皆さん、これからもご一緒に横浜国立大学サッカー部を盛り上げていきましょう!

 

話は変わりますが、昨日が何の日だったか忘れている部員が多いように思える国大のサッカー部ですが、本日唯一のマネージャーで、紅一点の風葉ちゃんが部員皆にチョコレートを配ってくれました!カザハ、本当にありがとう。お返しは期待していいハズ